学力向上 キレル子どもを減らす 木のある部屋

ban_1.gif
 
IMG_1320_500.jpg
IMG_132_500.jpg

朝 起きて 学校、会社へと家族は出かけて行きます。
コンクリートの建物の中で パソコン・携帯電話に一日中浸かり
また、家に帰って来れば同じ様な住環境(コンクリート・ビニールクロス・ジュータン・合成フローリング)の中に居るのでは ストレスの逃げ場が無く 健康を害していく一方です

せめて マイホームでは 木のある 少しでも自然と共生した部屋に住んで見たいと思いませんか。

大切なお子さんに 落ち着いて勉強できる部屋を与えてあげてください。
キレル性格、疲れやすい体などを改善するには 住環境が最も大切なのかもしれません。
下記のグラフにそれは 如実に表れています。
 

木造校舎の研究報告

2008年10月26日の読売新聞の記事を掲載しました。

木材で校舎を 読売新聞掲載記事
 
木造校舎とRC校舎 比較グラフ
 

授業中の子どもの疲労の学年変動

 
 
インフルエンザによる学級閉鎖割合
 
明らかに 木造校舎とRC(鉄筋)校舎との住環境の差が出ています。
 
「木造校舎にして 怪我が減った。」
「学級閉鎖が極端に減った。」(上記表参照)
子どもの学力向上 落ち着きが出て 結果イジメも減ったなどの 実例も挙げられています
ぜひ マイホーム(マンションでも)内装を木で リフォームして見ては いかがでしょう。
効果が期待できます!
上記グラフは 「森林と木材を活かす時点」 より転用いたしました。